池袋えざきレディースクリニック 不妊治療センター

当院の体外受精の特徴

当院の体外受精の特徴

完全オーダーメイドの体外受精

体外受精には色々な細かな方法があります。例えば排卵誘発法だけでも数多くの種類があります。自然周期だけしか行わないとか刺激周期のみといったワンパターンの排卵誘発法は行いません。
それぞれに一長一短があり、どの方法が優れているというわけでなく患者さんによってその人に合った排卵誘発法は異なるはずだからです。
その人の卵巣の状態によって使い分けしなければなりません。
当院では検査結果だけでなく過去の治療歴や卵子の培養の結果から自然周期法から刺激法のあらゆる排卵誘発法に対応し使い分けることにしています。

胚移植も胚移植のカテーテルの種類の選定のみならず、胚を注入する位置、注入スピードなど細部までこだわって患者さんに合わせた方法を選択しています。

受精卵の培養も同様です。
培養液も患者さんごとに使い分けする徹底的な個別化した方法を取っています。

一律な治療法ではその方法にたまたま合った患者さんにしか効果はありません。
ありとあらゆる不妊の患者さんに対応するためには、治療法の個別化する必要があります。
すなわち「完全オーダーメイドの体外受精」が当院の体外受精の特徴といえます。

高い妊娠率のために・・

受精卵の培養の技術も重要です。
卵子と精子の受精・培養技術も最新の手法は積極的に取り入れるようにしていますが、最新の治療法が最良の治療法とは限りません。

ただ新しいものに飛びつくのではなく「本当に効果があるのか?」「悪影響はないのか?」を検証して、それぞれの患者様に合った方法で治療を行います。

新しい培養液、機器の導入も大切ですが、毎月の治療のデータを分析して安定した成績が出せるよう努めています。
地味で細かいことを積み重ねて1%ずつ妊娠率を上げていくことが高い妊娠率につながると考え、開院以来の培養データを常に分析し改善を行っています。

反復不成功の方への対策

胚移植を数回繰り返しても妊娠できないことを「反復不成功」といいます。反復不成功であってもすぐにあきらめることはありません。
このような反復不成功の患者さんに対して当院ではさまざまな取り組みをしています。

残念ながら反復不成功に対して特効薬のような治療法が存在するわけではありません。
今まで行ってきた治療を振り返り、改善すべきところはないかを徹底的に探ること行います。このプロセスが一番効果を出す上で重要となります。

その上でさらに必要に応じて

  • 子宮鏡下子宮腔内洗浄
  • 子宮内膜スクラッチング
  • SEET法
  • 免疫療法
  • ヒアルロン酸添加胚移植用培養液
  • アシステッドハッチング
  • 慢性子宮内膜炎治療による着床改善

といった治療を追加していきます。

過去の治療を分析してこうしたオプションを取り入れることにより、反復不成功であっても約30%の妊娠率を達成することが可能となりました。
ただし上記の治療は誰にでも効果があるわけではなく、逆効果となるものもありますのでむやみに行えばよいわけではなく、実施するには慎重でなければなりません。詳細は診察の上で医師とのお話で個別に判断していくことになります。
反復不成功例に対する妊娠率の改善は当院が最も力を入れている診療です。