池袋えざきレディースクリニック 不妊治療センター

一般不妊治療をお考えの方へ

一般不妊治療をお考えの方へ

当院では体外受精だけでなく
一般不妊治療も積極的に行っています

タイミング法での排卵日予測には従来の尿検査ではなく血液検査を用いる精度の高い方法で行います。これにより排卵日の3日前からかなり正確に排卵日を予測することが可能です。

人工授精でも正確な排卵日予測を行い、さらに精子洗浄濃縮人工授精を行い確実に高濃度の精子を子宮内に注入できるようにしています。このような効率の良い人工授精を行うことにより人工授精で妊娠可能な方は3回以内でほぼ妊娠可能となりました。そのため従来のように人工授精を意味なく5回6回と繰り返す必要がなくなりました。

一般不妊治療といえども可能な限り効果の高い方法を選択しています。

一般不妊治療の成功の可能性

2016年に当院で妊娠した方の治療法の内訳

しかし右の円グラフに示したように一般不妊治療だけで妊娠できている人は全体のおよそ16%に過ぎません。
みなさんが想像している以上に一般不妊治療の効果は低く、一般不妊治療だけで妊娠できている人は決して多くはありません。

一般不妊治療を行って妊娠できたこの16%に入る可能性のある方には一般不妊治療を積極的に行うことが得策です。

しかし性交頻度が多かったり、不妊期間が1年以上などで一般不妊治療で妊娠することが困難であると判断される場合には一般不妊治療を行うことは時間と費用の無駄となりますので早い段階から体外妊娠などの治療を提示していくことになります。

特に35歳以上の方は一般不妊治療に時間を費やすことはその後の治療で卵子が老化してしまっているので早めにステップアップした方が良いと考えます。

「まずはタイミングから、ダメなら人工授精」と必ずタイミング法から順番にステップアップすればいいというわけではないのです。

どのようなひとが一般不妊治療で妊娠可能か?

検査に異常がなく極端な生理不順がなければ、一般不妊治療で妊娠することができるかどうかは

  • 性交頻度
  • 性交してきた期間(不妊期間)

により大体予測することができます。

一般不妊治療で妊娠可能な性交期間の目安

排卵日を意識しないで性交した場合

性交頻度性交してきた期間
月に0~2回 1年6ヶ月以内
月に1~2回 1年以内
月に3回以上 6ヶ月以内

自己流タイミング法(排卵検査薬使用など)

性交頻度性交してきた期間
4~6ヶ月以内
  • この期間に妊娠できなかった方は検査に異常が出なくても90%以上の確率で一般不妊治療での妊娠は厳しいと考えられます。この状態で今後タイミング指導や人工授精を行っても、妊娠できる可能性は10%未満です。
  • すでに一般不妊治療をある程度行ってきた方はその回数により今後の一般不妊治療の効果を予測できます。

今までの性交頻度・性交期間で自宅で行っていた性交渉は『実践子作り検査』ということになります。

性交期間と性交頻度か少なく、上記の表の範囲内であれば一般不妊治療の効果が期待できますので、体外受精よりもむしろ積極的に一般不妊治療を行ったほうが良いでしょう。

タイミングや人工受精などの一般不妊治療は患者さん自身の妊娠する力に頼る部分が多いので、高精度なタイミングなどを行っても最終的に妊娠できる人の割合は変わりません。
しかし通常の一般不妊治療に要する期間が半年から1年としたら、当院ではそれを数か月程度に短縮することが可能です。