池袋えざきレディースクリニック 不妊治療センター

仕事との両立でお悩みの方へ

仕事との両立でお悩みの方へ

待ち時間の短縮を実現し、
仕事をしながらでも通院しやすいクリニックにしました!

当院の患者さんは9割以上の方が仕事をしながら治療をされています。不妊専門クリニックは待ち時間が長いというのが当たり前とされています。

以前は当院の待ち時間は長く、2時間くらいはお待たせしていました。そのため不妊治療、特に体外受精では通院ができなくなり治療を断念する方や治療のために仕事を辞めなければならばない方が数多く出てきました。

この状況を改善し治療と仕事を両立できるようにするために診療の徹底的な効率化に取り組み、待ち時間を短縮することができました。初診時は少し時間がかかりますが、再診では受付から呼び出しまでの待ち時間は平均30分以内と画期的に短くなっています。

通院しやすくなったため、治療途中で断念する患者さんが減り、治療件数は以前より増加しました。単純な予約人数の制限を行ったわけではありません。むしろ結果として妊娠し卒業できた患者さんの人数が大きく増加しました。

自分の都合の良い日だけの通院では、十分な治療はできません

適切な治療をするためには、生理や排卵日など体の状態に合わせて診察に来ていただかなければいけません。
仕事帰りの平日夕方や土曜日・日曜日のみの通院では、残念ながら不妊治療はできません。そのため仕事と両立しながら不妊治療を続けるためには、「通い続けること」が重要な課題となります。

「通院が必要なことは分かっているけど、そうは言っても仕事もあるので・・・」という方が多くいらっしゃいます。
そういった方でも通院できるように待ち時間を短縮し、治療のクオリティーを低下させない範囲で無駄な通院の回数を減らすような診療方針を取っています。

治療をやり切るためには職場への相談をおすすめします

職場に知られずにこっそりと不妊治療をしたいという方がいますが、内緒にしながら不定期で頻回の通院をすることは難しいと思います。

待ち時間の短縮や通院回数を減らしたといえども、ある程度は必要に応じて不定期な通院をする必要があります。
そのためには職場の協力が必要になります。むしろ通院を始める場合は職場に相談する方が治療は進めやすくなります。