不妊治療・体外受精専門の池袋えざきレディースクリニック

治療費の負担を減らすために

治療にかかるコストを抑えることは重要です。

単純に1回の治療単価で選べばよいわけでもありません。

最適な治療を行わないと費用は数倍かかるかもしれません。

負担を少なくする大切なポイントを3つに分けてお伝えします。

ポイント1

あなたに合った最適な治療をすれば費用は抑えられる

治療費を抑えるうえで大切なのは、ムダな治療をせずに最短で妊娠を目指すことです。

では、ムダな治療とは何でしょう?

それは、あなたに合っていない効果の低い治療のことです。負担の少なさからつい手軽な治療を繰り返しがちですが、結局、妊娠までに時間がかかってしまいます。

たとえば体外受精が必要なのにタイミング法や人工授精にしがみついて意味なく費用だけ増えていく

あるいは注射でないと卵が育たないのに、自然にこだわって何周期も足踏みで無駄にしてしまう

妊娠までに何度も治療を繰り返す必要がありその分だけ費用もかかります。

医師が薦める治療でなくネットでみた治療法を自己判断で希望してしまう。

自分の判断で治療を考えて,結局なかなか妊娠に至らず。
妊娠までに何度もムダな治療を繰り返し、結果としてその分だけムダな出費が増えてしまうのです。

ポイント2

妊娠しても成功報酬はいただきません

不妊治療をしたら、いったいいくらかかるのかと不安に思ったことはありませんか?

自分たち夫婦はどの治療が必要で、いくらかかりそうか、だいたいでも知りたいのに、まったくめどが立たない…。

不妊治療、特に体外受精の料金表はわかりにくいものが多いため、余計不安に感じるのかもしれません。

成功報酬を取り入れているクリニックも増えていますが治療費を低くしていても妊娠したら追加の費用がかかるので注意が必要です。

当院では体外受精胚移植を4回すればほとんどの方が妊娠します。妊娠にいたらない方はごくわずかで10%未満です。

それだけ高い確率で妊娠していますが、妊娠しても追加で成功報酬をいただくことは一切ありません。

ポイント3

費用も時間もムダがなければ、二人目の妊娠も可能になります。

妊娠と女性の年齢は深く関係しています。

年齢が高くなると、卵子の質が低下して、妊娠が難しくなってしまうのです。

ですが、時間をムダにすることなく短期間で妊娠できたら、卵子の老化を最小限に抑えられます。

また、一人目で治療費用を抑えられたら、二人目のお子さんのことまで考えられるかもしれません。

一人目を合理的に妊娠できたら、二人目の治療をその分若いうちに開始できます。
年齢が若い分だけ当然ですが少ない負担で妊娠することができます。

実際、当院には、一人目を妊娠したあと、二人目を希望して再来するご夫婦もたくさんいらっしゃいます。

最短で効率よく妊娠を目指すことで、ご家族の可能性も広がっていくでしょう。

ぜひ、あなたのご希望をかなえてください。

当院は仕事をしながら治療する患者さんの支えとなるようなクリニックを目指していきます。

〒171-0014
豊島区池袋2-13-1 池袋岸野ビル4F
池袋駅西口、地下道C6 出口徒歩1分 丸井の向かい池袋岸野ビル4階
(1階ドコモショップ、2階サイゼリア)