初診のご案内|不妊治療の池袋えざきレディースクリニック

初診のご案内

初診のご案内

初診のご案内

初診は一番重要な診療となります

不妊治療は一般の病気と異なる考え方をすることがたくさんあります。不妊症独特の治療の進め方を最初に理解しておく必要があります。
不妊治療は女性側にのみ通院などの負担がかかります。こうした負担は精神的なストレスを生み、そのために奥様は冷静に物事を判断できなくなることがあります。これが不妊治療の落とし穴となります。
これに対しご主人の冷静な対処が必要となります。
初診は女性側よりもむしろご主人にこそ聞いていただきたい話です。単なる男性不妊のお話とは異なります。

当院の初診はとても重要な診療となります。
ヒアリングと治療計画の作成となります。多くの患者さんは初診の時点では勘違いした認識で来院しています。
膨大な項目な問診を行い、現在妊娠できる可能性についての状況にお伝えし現状をご夫婦で確認していただきたいと思います。
ご夫婦の考えを詳しくお聞きして、妊娠するためには何をすべきかの心の準備と現実的な治療計画の提案をさせていただきます。多くの場合、想像以上に大変な状況をお伝えすることになるかと思われます。

不妊治療の費用の心配して来院する方が多いですが、実際治療を始めると費用以上に「先が見えない」という不安感で苦しむ方が大半です。先を見越した治療計画を立てないと道に迷ってしまいます。最初に間違った方向に向かってしまうと取り返しのつかない事態になることがあります。当院では初診に力をいれて治療に入る前の理解を深めるプロセスを重視しています。初診は可能な限り直接院長が担当するようにしております。

初診は再診より時間をかけた約1時間の診療となります。内容的には再診の10倍以上の濃い内容となります。これだけの内容を奥様が一人で聞いてご主人に完全にお伝えすることは困難かと思います。
重要な話なので初診は可能な限りご夫婦での受診を強くお勧めします。

初診の注意事項

出来る限りご夫婦で受診して下さい

ご夫婦での受診と奥様単独とでは不妊治療に関する理解度が大きく異なります。
1時間近い時間をかける内容の濃いお話となります。奥様のみですと伝言となりますのでご主人にうまく伝わらない恐れがあります。一人で来院した患者さんはご主人にうまく伝えられないのを心配して「主人と一緒にくればよかったです」と言って帰られます。

ご主人は初診1回来院するだけで構いません。その後の通院は一切不要ですので可能な限りご主人も同席して頂きたいと思います。初診は奥様のみで、後日ご主人が来られるときに再度同じお話しするという対応は出来ませんのでご了承ください。

もちろん、ご主人の仕事や単身赴任などのご事情もあるでしょうからどうしても無理であれば奥様単独でも治療自体は可能です。
なお、初診当日にご主人の精液検査は実施いたしません。

予約時間までにはご来院ください。

予約時間を遅れてしまいますと診療をお受けできないことがありますのでご注意ください。
初診は通常の診療と異なりトータルで2時間以上かかることもありますので、お時間に十分ゆとりをもって受診してください。
また時間短縮のため問診表を事前に記載していただくようお願いします。
他の患者さんに迷惑がかかるのでキャンセルしないで済むように確実な日時にご予約ください。当日キャンセルだけは極力避けてください。

お子様連れでの診療はお受けしておりません

お手数ですがお子様をお預けになってからご来院ください。
近隣には一時保育の託児所がいくつかあります。当院で治療を受ける方は優待を受けられる託児所もあります。
(当院に受診していることが条件なので初診を受けるまでは案内はできません。先方に迷惑をかけるので事前にお問合せ頂いても託児所の名称などはお伝えできません)

男性単独の診療は行っておりません

男性だけの精液検査のみなどの診療は行っておりません。
ご夫婦で受診して下さるようお願いします。

検査のみの診療は行っていません。

残念ながら不妊症では検査のみでわかることが少なく検査だけを行うことはあまり意味がありません。検査は治療の流れで行いますので、検査のみの診療は実施していません。

法律婚のご夫婦のみ治療が可能です。

当院では原則として法的婚姻関係にあるご夫婦のみに不妊治療を行っていますが、当院が認めた場合に限り事実婚(内縁)であっても治療を行っています。戸籍謄本・住民票を提出していただきます。

  1. 両者とも他に法律上の配偶者がいないこと(重婚でないこと)
  2. 治療期間中に同一住所に住民登録していること
  3. 住民票の続柄に「婚姻届が見届」であることが付記されていること
    (見届の記載がない場合は役所で変更してから持参してください)

最低限、上記の条件がクリアされた上で、実際に診療をお受けするかどうかを個別に判断します。書類を提出しても必ず治療ができるわけではありません。

未婚の場合(事実婚は除く)は初診のみで具体的な治療を行うことはできません。

費用について

初診の費用は内容にもよりますが、5,000円~15,000円位となります。(診察した上でないと正確な費用はお伝え出来ません)

初診までの準備

当日持参するもの

•健康保険証・・・・必ず持参してください。
•紹介状(お持ちの方のみ)

※他院での治療歴のある方は検査結果だけでなく簡単なメモ程度で構いませんので治療の経過をまとめていただけると、初診の時間を他のお話など有効につかえます。
(他院での検査は省略できるものもあります)

•問診表(事前に記入の上ご持参ください)

※問診票の記入項目が多いので事前に記入していないと当日大幅にお待たせしてしまいます。(プリンタがない方はセブンイレブン等でスマホから印刷可能です)。

事前の準備していただきたいこと

初診の方は当院のwebサイトの以下のページに事前に目を通しておいてください。

事前に準備することで初診の理解が深まり、効率よく初診が進みます。無駄な通院を減らすためにご準備ください。

診療時間、アクセス

アクセス

路線図

〒171-0014
豊島区池袋2-13-1 池袋岸野ビル4F
池袋駅西口、地下道C6 出口徒歩1分
丸井の向かい池袋岸野ビル4階
(1階ドコモショップ、2階サイゼリア)

アクセスマップ

お問い合わせは電話ではなくメールでお願いします。

再診の方の予約時間

診療受付時間(再診の方)
×木曜・土曜の午後、日・祝日は休診です
日・祝日は原則休診です。ただし当院が指定した患者さんのみ特殊診療・臨時診療を行うことがあります。

よくあるご質問

初診のとき、どのくらい時間がかかりますか?
問診票の記入・カルテの作成などにも時間を要します。初診の診療はじっくりと話をしなければならないので、受付から会計終了まで2時間くらいはかかると思ってください。十分に時間のゆとりのある日にご予約していらしてください。

初診は夫と一緒の受診がよいですか?
初診はとても大切なヒアリングと治療計画の提案という過程があります。
多くの方が「主人を連れてくればよかったです」と言って帰られます。ご都合もあると思いますので奥様だけでも構いません。できるだけ説明の用紙をお渡しするようにしております。
但し時間の関係で、初診のお話しを後日ご主人が来れるときに繰り返してお話しすることは出来ませんのでご了承ください。
ご夫婦で受診される場合は奥様のお名前で予約をお取りください。(男性のお名前では予約できませんのでご注意ください。)なお、初診時にご主人の精液検査は行いません。

夫は何度も通院が必要ですか?
精液検査などの採精は院内でなく自宅で採取するので、ご主人が治療のために何度も通院しなければならないことはありません。
極端ですが、一度も受診しなくても治療は可能です。ただし、初診だけは重要なヒアリングがありますので可能な限りご主人も同席することをお勧めします。

仕事の関係で土曜日と夕方遅くしか受診できないのですが
不妊治療の受診日は排卵日や生理の○○日目など、自分の都合で受診日を決めることができません。また午前中にしか実施できない診療が数多くあります。
したがって土曜日と平日の夕方のみでは十分な不妊治療はできません。仕事をしている方はある程度は仕事に影響する治療であることをご理解ください。

受診の時期はいつがよいですか?
初診はヒアリングなどが中心ですのでいきなり治療には入りません。生理中とか排卵日前とかは関係なく、都合のいい時にいらしてください。
初診時にはかならず内診を行いますので可能であれば生理前がいいかと思います。

費用はいくらくらいかかりますか?
通常は5,000~10,000円です。特殊な検査を行う必要がある場合にはそれ以上かかることもあります。基本検査だけで1ヶ月間を要し、だいたい30,000円くらいかかると思ってください。
また、クレジットカードは使用できません。

妊娠できるかどうか検査で調べることはできますか?
残念ながら検査では妊娠できるかわかりません。検査で異常がなければ妊娠できるというわけではありません。検査だけというのはあまり意味がないので、原則として検査だけの方は診療をお受けしていません。

男性だけの検査をしてほしいのですが
検査は治療を前提として行います。
男性側に原因があっても人工授精・体外受精の治療を行うために、結局奥様が通院しなければなりません。
必ず奥様と一緒に受診してください。
精液検査は自宅採取で済みますが精液検査のみの診療は行っていません。

結婚していないのですが治療は可能ですか?
当院では原則として法的婚姻関係にあるご夫婦のみに不妊治療を行っていますが、当院が認めた場合に限り事実婚(内縁)であっても治療を行っています。
  1. 両者とも他に法律上の配偶者がいないこと(重婚でないこと)
  2. 治療期間中に同一住所に住民登録していること
  3. 住民票の続柄に「婚姻届が見届」であることが付記されていること
    (見届の記載がない場合は役所で変更してから持参してください)
戸籍謄本・住民票を提出していただきます。実際に診療をお受けするかどうかは個別に判断しますので、書類を提出しても必ず治療ができるわけではありません。