医師紹介|不妊治療の池袋えざきレディースクリニック

医師紹介

医師紹介

医師紹介

院長

池袋えざきレディースクリニック
院長 江崎敬
KEI EZAKI M.D.,Ph.D.
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
日本生殖医学会生殖医療専門医

略歴

1968年 生まれ
1993年 東京慈恵会医科大学卒
同産婦人科学教室入局
不妊症、子宮内膜症、内視鏡手術の診療
および研究に従事
2005年 杉山レディスクリニック勤務を経て
2008年 池袋えざきレディースクリニックを開院

所属学会

日本産科婦人科学会(同学会専門医)
日本生殖医学会(同学会専門医)
米国生殖医学会
日本受精着床学会
IVF学会

治療理念

治療理念

日本では6人に1人は不妊症であるといわれています。また治療の普及により出生児の16人に1人が体外受精によるものとなっています。クラスに3人くらいは体外受精で妊娠した子供がいることになります。さらにこの割合は今後も増える一方と考えられています。

不妊治療や体外受精が普及したとはいえ不妊治療は費用や通院の負担が多い治療です。きちんとした治療をやり切れば90%以上の患者さんは妊娠可能です。一方、負担に耐えられず約30%の方が治療を途中で断念しているのが現状です。
当院では「悩み苦しまない不妊治療」を目標としています。
独自の合理的な診療スタイルで短期間での妊娠と少ない費用負担を実現して、治療の長期化によって途中で治療を放棄してしまわないように改善をしました。
また仕事と治療の両立で悩んでいる方のために待ち時間30分という「待たない不妊治療」を実現しました。

治療方針として、無駄な検査・治療は省略して患者さんごとに合わせたワンパターンでない「完全オーダーメイド治療」を行います。それにより少しでも早く妊娠できるように努めています。不妊治療の悩み・苦しみの原因は妊娠までの道のりが長すぎることで、その一番の解決法は「短期間で妊娠すること!」 であると考えています。

現実を正しく理解していただくために時には厳しい言葉を使わなければならないこともありますが、当院で治療をうけた方が一人でも多くそして少しでも早く妊娠できるよう願っています。

常勤医師

菊池芙美
1978年 生まれ
2004年 日本医科大学卒
中村祐介
1983年 生まれ
2010年 藤田医科大学卒

非常勤医師

  • 新城梓
  • 笠原佑太
  • 田中ゆりあ
  • 大野田晋(遺伝カウンセリング)

複数医師で診療に当たります
全員があなたの主治医です

当院では非常勤を含め複数の医師で診療を行っています。「毎回診察する先生が違って、言っていることも違うのではないか」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

私たちはカルテを共有して重要な治療情報の連絡を常に取っているので治療方針が毎回大きく変わるというようなことはありません。伝え方が異なるだけで治療方針の大きな幹は同じですのでご安心ください。

一人の医師だと視野がせまくなり偏った治療になりがちです。しかし、複数医師で診療を行うと、色々な視点から診ることができます。むしろ治療の幅が大きく広がり、患者さん一人一人に最良の治療を行うことができます。

できるだけ同じ医師に偏らないように多くの医師の診察を受けられるような体制にしています。