AMH検査|不妊治療の池袋えざきレディースクリニック

AMH検査

AMH検査

AMH検査

AMH(アンチミュラー管ホルモン)とは、発育過程にある前胞状卵胞から分泌されるホルモンで、女性の卵巣予備能の指標となるホルモンです。

原子卵胞→一次卵胞→二次卵胞→前胞状卵胞→胞状卵胞→成熟卵胞→排卵

という順番で卵胞は発育します。前胞状卵胞からAMHは分泌されます。前胞状卵胞は排卵のはるか前の状態で直径は1㎜未満なのでエコーなどで観察することはできません。

体内にある卵子の数は生まれつき決まっていて増えることはなく、徐々に減っていきます。卵子の数は人それぞれ異なるので、AMHは現時点で自分に卵子がどれくらい残っているかを示しています。つまり卵子の在庫をを予測するものです。これを卵巣予備能といいます。

AMHはまだ歴史の浅いホルモンで15年前くらいから検査ができるようになりました。
その当時に「卵巣年齢がわかる検査」という説明されたので多くの患者さんが誤解してしまいました。

AMHが示す卵巣年齢というのは卵子の年齢に対応した数であって卵子の年齢に対応した質ではありません。
高齢の人は卵子の質が下がっているのでAMH値が低いと卵子の質が悪くて妊娠しにくいという誤解が生まれてしまいました。

AMHと年齢をグラフにすると、平均値としては年齢にとともにAMHの値が下がっていく傾向はありますが、個人差が大きいので、年齢と絡めて考えるべきではないというのが現在の見解です。15年前に始まった「卵巣年齢」という言葉が独り歩きしてしまい、妊娠しやすいかどうかの目安と勘違いされことが問題かと思います。
ちょっと専門的な話になりますが、統計学的には年齢とAMH値は相関関係にありません。つまり誤差が激しくて年齢とAMHは統計学的に分析すると関係しないということになります。
そのため、AMHには「正常値」というものがありません。年齢別の平均値を基準値としてそれより高い低いということにも意味がありません。
ただし年齢を無視してAMHの値そのものには卵子の在庫の目安となる意味があります。

AMHは、あくまで卵子の数の目安であって、卵子の質には関係ありません。AMHが低いと卵子の数が少ないというだけ不妊かどうかには全く関係がありません。AMHが低くて自然妊娠する方もいれば、AMHが高くても妊娠できない方も多くいます。
AMHでわかるのはあくまで数です。卵巣予備能、つまり卵子の在庫の目安です。(卵巣年齢と言われたのはこの数のことを指します)

数に対して卵子の質は妊娠しやすさに関係します。卵子の質に関係するのは実年齢です。(※卵巣年齢は関係ありません)

AMHは不妊かどうかには関係ないのですが、体外受精には影響します。人間は毎月1個しか排卵しません。全ての卵子が妊娠できる卵子ではないので体外受精では多くの卵子を発育させて数多く採卵できた方が妊娠への効率がよくなります。

排卵誘発剤を使うのは1回の採卵で複数の卵子を発育させるためです。AMH値はこの採卵できる卵子の数に影響します。AMHが低いと卵子が1個くらいしか取れません、その1個がたまたま妊娠できる卵子ならよいですが、そうでなければまた採卵からやり直さなければなりません。

AMHが通常の値で8個採卵できたとしたら1個しか採卵でできない人より採卵の回数が少なくて済むことになります。
つまりAMHは採卵数と採卵回数に影響するのです。AMHが低い人はそうでない人より採卵回数が多くなり治療が長期化しがちなので、早めに体外受精の治療を開始したほうが良いことになります。

また卵子の在庫が少ないので先手を打って早めに体外受精を開始したほうが良いことになります。受精卵が出来さえすれば胚移植あたり妊娠率は実年齢に応じた値になりAMH値は関係しません。

AMHが高い方

体外受精の際に1回の採卵で回収できる卵子の数が多いので、体外受精での採卵の回数が少なくて済む可能性が高い。
体外受精の移植あたり妊娠率が良いわけではありません。(これは実年齢が影響します)
タイミング・人工授精など一般不妊治療の妊娠率は変わりませんのでAMHが高いからと言って妊娠しやすいわけではなく安心できるわけではありません。

AMHが低い方

タイミング・人工授精など一般不妊治療の妊娠率は変わりません。決して一般不妊治療で妊娠しにくいわけではありません。
体外受精の際の1回の採卵で回収できる卵子の数が少ないため採卵を数多く繰り返さなければならないため長期戦になる可能性が高くなります。
但し、体外受精になったときには体外受精を繰り返さないとならないことが予想されるので一般不妊治療は早めに切り上げた方が良いでしょう。

AMHが低い人は当然ながら採卵個数が少なくなる傾向があり、採卵回数が多くなりがちです。

AMHは採卵数の目安となりますが、AMH値は常に一定ではなく毎月変わるので頻回に値をチェックする必要があります。
AMHは外部の検査会社に委託するのが通常なので結果が数日かかります。当院では外注でなく院内検査でAMHを測定するので30分ほどでリアルタイムに結果を確認することが可能です。その他のホルモン値などと合わせてその時状況に合わせて注射や薬の量を調整します。
AMH低値の体外受精では排卵誘発の方法や排卵誘発剤の種類や量をうまく使い分けて微調整をしていく必要があります。

自然周期が刺激周期とかのわかりやすい分け方ではなく、患者さん自身には気がつかない程度の微調整が重要です。少ない卵巣の在庫から発育する卵胞をどれだけ効率よく採卵するかが成功のカギとなります。
患者さんによって状態は異なります。同じ患者さんでも毎月コンディションは異なりますので、その月に合わせた誘発法を工夫することで、複数の卵子を採卵できることもあります。
排卵誘発をどれだけ丁寧にするかがAMH低値の人の体外受精の成功の秘訣です。

当院の胚移植での妊娠率を比較しました。AMHが年齢平均より高いグループと低いグループに分けました。4回目までの胚移植での結果となります。 AMH低くても高いグループと同等の妊娠率/胚移植となります。

AMH低値グループの方は採卵数が少ないために妊娠するまでの平均採卵回数は多くなります。
しかし、その差はさほど多くはありません。AMHが低値でもやり方次第では成績を出すことができます。
AMH値を院内検査でリアルタイムに測定し、AMHの低い患者さんの治療経験が豊富なクリニックでの治療が低AMHの患者さんの治療の秘訣ではないかと考えます。

AMH検査まとめ
  1. AMHの値は単独では意味がありません。
  2. AMHは毎月変化するように、患者さんの状態も毎月違う。特にAMHが低い人はその人、その月に合わせた完全オーダーメイドの治療が大切です。
  3. AMH低値の治療に習熟したクリニックでの治療が良いでしょう。
    AMHが低くてもAMHが高い人と顕色ない成績は可能です。