子宮内膜再生治療|不妊治療の池袋えざきレディースクリニック

子宮内膜再生治療

子宮内膜再生治療

子宮内膜再生治療

子宮内膜自体の問題で子宮内膜が薄い場合は子宮内膜自体の治療を行います。これらの治療はまだ新しい治療であり効果について完全に明らかになっているとは言えません。ただ通常の対策で改善が見られない場合は子宮内膜を再生させる治療が必要と考えられます。

G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)とサイトカインに一種で顆粒球(白血球の一種)を増やす働きがあります。着床に関わっている因子です。
このG-CSFには二つの効果が考えられます。一つは菲薄化した子宮内膜を厚くする効果、もう一つは子宮内膜の機能自体を改善する効果です。
G-CSFのどのような機序で効果があるのかに関しては明らかではないですが、有効性を示す報告が数多くされています。

投与により菲薄化している子宮内膜を厚くなるといわれています。また子宮内膜が厚くならなくてもG-CSFを投与することにより着床率が改善します。

最近、着床時期の子宮内膜にG-CSFというサイトカインが多く存在することがわかり、着床に大きく関わっているのではないかという研究報告に基づいています。海外では実際に着床前の子宮内膜にG-CSFを投与したところ、子宮内膜が厚くなり、妊娠したという報告がありました。そこで日本でもいくつかの施設で行われ始めたところ、同様に内膜が厚くなったという報告がありました。ここで特筆すべき結果として内膜が薄いままでも妊娠したという報告がなされました。これは子宮内膜が薄いこと自体が問題なわけではなく、子宮内膜が薄い場合はこうしたサイトカインなどの因子が不足していることが問題なのかもしれません。
このような報告を踏まえ、当院でも凍結融解胚移植での内膜の薄い方や反復不成功例の方に対してこの治療を行っています。また繰り返し流産を繰り返す方にも有効性があるといわれています。
副作用もなく、短時間で終わるので比較的簡単に実施できる治療です。

《G-CSF治療が有効と考えられる方》
・ホルモン補充周期でも子宮内膜が厚くならない方
・繰り返し胚移植で妊娠しない方(着床不全)
・流産を繰り返す方

他の着床不全の治療と併用できることもあります。詳しくは医師にご相談ください。
費用は25,000円(税別)
※G-CSF療法は原則として当院で胚移植を行う方に限定しています。

PRP療法は、患者さんの自分の血液から抽出した「多血小板血漿(PRP)」を、子宮内に注入する再生医療です。着床不全、特に子宮内膜が菲薄化している場合などに効果が期待されています。

PRP療法は血小板から放出される成長因子等の成分により着床の促進効果が期待されている新しい治療です。整形外科でアスリートの故障やケガに対して以前より行われている治療です。
薬物ではなく自分の血液を使用するので有害な成分が入ることがないことが利点です。

一方不妊治療としては新しい治療であるために、効果のある患者さんがいることはわかっていますが、どのようなタイプの着床不全の患者さんに有効かはまだ明らかになっていません。有害でないのですが厚生労働省指定の再生医療に分類されており費用が高額なので、むやみやたらに試してみるという治療ではありません。
当院ではPRP療法をさらに進化させたPFC-FD療法という治療を採用しています。
これは抽出したPRPをフリーズドライ化して保存し、融解後に使用する高濃度のPRP療法となります。

費用は150,000円(税別)
※PFC-FD療法は原則として当院で胚移植を行う方に限定しています。