悩み苦しまない不妊治療|不妊治療の池袋えざきレディースクリニック

悩み苦しまない不妊治療

悩み苦しまない不妊治療

悩み苦しまない不妊治療

効率よく不妊治療を行うために…

不妊でない人でも毎月妊娠できるわけではありません。しかし3回くらい排卵日周辺に性交を行うと90%以上は妊娠します。逆に3回排卵日付近に性交して妊娠出来なければ不妊ということになります。
排卵日を意識してなくても1年間性交を行っていれば確率として3回くらいは排卵日周辺に性交している結果になります。つまり1年間経っても妊娠しなければほぼ不妊であると言えます。排卵検査薬や排卵日を意識して性交しているのなら
今、不妊クリニックのホームページを見ているあなたは「そろそろ妊娠してもいいはずなのにおかしい・・・」と思っているから閲覧されていると思います。そもそも自然に妊娠できる方は不妊クリニックを受診しようとはしません。簡単に妊娠していない今の状態が不妊なのです。
「赤ちゃんは自然に授かるものだから何とか自然に妊娠できないか」とあがいて遠回りしてしまいがちですが、「何かおかしい」というご自身の体からの声にしっかりと向き合ってください。

検査では不妊かどうかはわかりません

クリニックに受診するとまず検査を行っていきますが、この検査は妊娠できる体かどうかがわかる検査ではありません。
あくまでも、不妊かそうでないかは3回くらい排卵日(ぴったりでなくても構いません)に性交して妊娠できないかで判定します。
不妊検査が異常なければ不妊ではないというわけではありません。
がん検診は、がんか否かが判る検査です。それに対して不妊検査は不妊かどうかが判るわけではなく、原因を探る検査です。

原因不明90%

不妊患者さんでも不妊検査では90%は異常がでません。つまり原因がわからない「原因不明不妊」の方が90%もいることになります。原因がわからないので厄介です。これが不妊治療に時間がかかってしまう理由です。検査が異常なしということは不妊でなく悪いところがないというわけでないことに注意する必要があります。

ステップアップ法は効果を無視した方法

検査に異常がない原因不明不妊には、従来はステップアップ法が当たり前とされていました。
可能な限り負担の少ない自然に近い方法での妊娠を望んでいることと思います。ステップアップ法は「負担の少ない楽な方法から始めよう」という一見良い治療方針に見えます。
一般の病気であれば、効果のありそうな順番で治療を行うのが当たり前ですが、なぜか不妊治療では効果の低い順番で治療が行われています。
冷静に考えればおかしなことですが、「まずはタイミングから・・・」という言葉でステップアップ方が行われています。
ステップアップ法は昭和の不妊治療の名残なのではないでしょうか?昭和の時代はタイミングや人工授精が一般的な治療であり体外受精は特殊な治療として行なわれていました。40年経って医療も進化しているのに昭和の治療のやり方が残ってしまっているのでしょう。

自然にこだわって効果の低い治療を行うステップアップ法で多くの人が貴重な時間とお金を無駄にしてしまっているのは残念なことです。

「過程」より「結果」が重要であると考えています

実際に当院で卒業した方のうち、体外受精による妊娠が全体の80%を占めていました。タイミングや人工授精などの一般不妊治療での妊娠はたったの20%でした。
思ったよりも一般不妊治療では妊娠できていないことに驚かれたと思います。

体外受精以外の方法で妊娠する可能性が多いと判断できる場合にはむしろ積極的に一般不妊治療を行なっていきます。

費用の負担を少なくするために

体外受精などは治療費が高額になることから負担を心配される方も多いと思います。
当院の初診時でのアンケートでも一番心配なことに費用を上げる方がほとんどで。そのため金銭的な負担を理由に1年以上妊娠出来ていないのにも関わらず一般不妊治療を希望される方が少なくありません。
しかし実際に一般不妊治療だけで妊娠できている方は決して多くはありません。
費用が安いからという理由で効果の低い一般不妊治療を半年~1年と続けてしまい結果として妊娠せず体外受精にステップアップするのはかなりの遠回りです、 一般不妊治療とはいえ費用は掛かります、繰り返していけば積もり積もって結構な金額になるでしょう。費用の心配をしているのに結果としてムダなお金を使ってしまっていることになります。

最終的に治療費がかさみ「不妊治療はお金がかかる」と悩んでしまっている患者さんが多いのは残念なことです。
費用の負担を少なくするためには極力無駄な治療や検査を行わないことにつきます。
治療費負担が大きく不妊治療に踏み切れないのであれば、それこそ「効果のない治療に無駄にお金を使わないこと」が重要です。金銭的な余裕ができた段階で効果のある治療にお金を使った方がよいかと考えます。
しかし、なんでもかんでも体外受精をすればいいというのも乱暴な考えです。タイミング法で妊娠できる可能性がある方はむしろタイミング法をするべきです。人工授精の可能性を
ただし、効果の低い治療を費用面だけで選択するのは続けることは決してよい結果を生みません。

費用と治療のバランス

オーダーメイドの治療を提案します

一人一人の体の状態は違うのですからワンパターンのステップアップ法で良いわけがありません。
年齢や不妊期間、今までの治療結果などから「総合的に判断」して治療方針を決めていきます。検査は参考にはしますが、それよりも年齢や不妊期間が重要です。
当院では効果の低い治療は極力行いません。画一的なステップアップ法による治療も行いません。
体外受精より一般不妊治療の方が効果が期待できることもあります、そういう場合は体外受精より一般不妊治療を行います。
完全オーダーメイドで患者さん一人一人に合った無駄のない、効果的な治療方針を決めていきます。
これが一番効率の良い費用のかからない方法です。