当院の治療成績(妊娠率)|不妊治療の池袋えざきレディースクリニック

当院の治療成績(妊娠率)

当院の治療成績(妊娠率)

当院の治療成績(妊娠率)

当院の体外受精の妊娠率

体外受精の一番のメリットは妊娠不可能な人が妊娠可能となることです。1回で必ず妊娠出来るものでありませんが、少しでも高い妊娠率のために設備、採卵・移植手技、胚の培養に力を注いでいます。

~全国平均と比較して~

当院の体外受精の妊娠率

2018年当院実績

1回あたりの凍結融解胚移植の成績となります。

全国平均と比べて高い移植当たりの妊娠率となっています。
ただし対象としている患者などは異なるので妊娠率で施設間の成績の単純な比較はできませんが、良好な結果が出せています。

当院の妊娠率が高い理由は患者さんが自分でネット調べたりした検査・治療でなく、医師主導で治療を行うことにこだわったことによります。 あくまでも当院の医師たちが判断した方法をしっかり行うということにこだわった結果がこの妊娠率となって表われています。

年齢別の妊娠率

反復不成功の対策としてはまず繰り返し良い受精卵を胚移植することです。
胚移植までたどり着けない、胚移植できる胚が少ない方への対策となります。
そこで今まで行ってきた治療を振り返り、改善すべきところはないかを徹底的に探ることを行います。少しでも多くの受精卵を作るために細かく分析します。自然か刺激かといった患者さんがわかるような単純で大ざっぱなことではなく、もっと細かく採卵の時期をずらしたり、薬の量の増減などを加えながら少しでも良い受精卵が得られるように微調整を加えていきます。
このプロセスが一番効果を出す上で重要となります。
いままでやってきた治療の情報は今後の治療への財産です。ただ治療をやりっぱなしにして、やみくもに方法を変えるのでなく過去を振り返り細かい分析をします。当院の過去10年間の治療データと照らし合わせて修正するべきところを修正していきます。

患者人数あたりの妊娠率
(初回妊娠のみカウント)

年齢別の妊娠率

2018年当院実績

年齢が若いほど妊娠率は高くなっています。35歳以上の方はなるべく早くに治療を行った方がよいことがわかります。なお採卵あたりの妊娠率で100%以上の値あるのは1回の採卵で2個以上の受精卵ができたため2回妊娠できている方がいるためです。

4回の胚移植での累積妊娠率を示します。

累積妊娠率

胚移植4回までの妊娠達成率
(2018年当院実績より)

1回あたりの妊娠率も大切ですが、治療は1回で終わるとは限らないので、繰り返し行うことを前提とします。繰り返した結果にどれだけ妊娠したかが重要です。

グラフでは4回の胚移植までに80.1%の患者さんが妊娠することができています。残念ながら15.1%の途中で治療を止めた方がいます。
注目すべきは4回の治療をやり切って妊娠出来ていない人はわずか4.8%ということです。

このことから治療の継続してやりきることでほとんどの方が妊娠できるということがわかります。

1回あたりの妊娠率につい目が行ってしまいがちですが、途中であきらめずに継続することの方が最終的な妊娠には重要であることがわかります。

当院では離脱率が非常に低いのが特徴です。以前は35%の離脱率がありましたが15.1%と減少し、近いうちには10%を切る予定です。
おそらく累積妊娠率も90%弱となると思われます。

やたらと転院したりせず、治療を諦めずに腰を据えて治療することの重要性がご理解できるかと思います。

治療を続けやすいクリニックとして、当院は平均待ち時間30分以内と短い待ち時間と、不安や心配の原因となる余分な解説はしないという方針で診療を行ってきました。
短期間での妊娠することにこだわり徹底的な診療の合理化を行っています。

その結果、治療の長期化による途中での治療離脱を減らし卒業率を増やすことができました。

多くの方は体外受精でなく一般不妊治療での妊娠を望んでいるかと思います。検査に異常がないからといって不妊症ではないとは言えません。むしろ検査に異常がある不妊の方がはるかに少ないのです。

検査に異常がなく極端な生理不順がなければ、一般不妊治療で妊娠することができるかどうかは

  • 性交頻度
  • 性交してきた期間(不妊期間)
  • 治療歴

により大体予測することができます。

一般不妊治療で妊娠が難しい期間の目安
(実践子作り検査)

  • 妊娠できない期間が1年以上
  • アプリや検査薬などの自己流タイミング法で6ヶ月
  • 他のクリニックでのタイミング法4回

この期間に妊娠できなかった方は、今後タイミング法や人工授精を行っても妊娠できる可能性は10%未満です。

高精度なタイミング法や人工受精などの一般不妊治療は一部の方を除けば自然に妊娠できる患者さんが少ない回数で妊娠出来る方法であり、妊娠出来ない人が妊娠できるようになる治療ではありません。
不妊症の検査より重要なのは『実践子作り検査』ということになります。

ただし、むやみやたらと体外受精をすればよいわけではありません。
性交期間と性交回数が少なく、上記の表の範囲内であれば一般不妊治療の効果が期待できますので、体外受精よりもむしろ積極的に一般不妊治療を行ったほうが良いでしょう。
通常の一般不妊治療に要する期間が半年から1年としたら、当院ではそれを数か月程度に短縮することが可能です。