良い受精卵が育たない方|不妊治療の池袋えざきレディースクリニック

良い受精卵が育たない方

良い受精卵が育たない方

良い受精卵が育たない方
  • 採卵個数が少ない
  • 受精障害
  • 胚発育不良

こうした問題でなかなか良い胚が得られない場合の対策について説明します。

これに関しては画期的な治療がないというのが現状です。卵子の在庫はある程度きまっているので1個しか採卵できない患者さんを10個採卵できるようにすることはできません。

どうせ数が少ないから自然周期でと固定ですが、人間の体は月によって状態が変わります。採卵数が少ない人でも多く採卵できる月があります。

当院では毎月AMH検査を行います。外注でなく院内で測定するので1時間以内に結果をリアルタイムで確認できますので、排卵誘発開始日と前月、前々回のAMH値や卵巣の画像を分析して、普段より多く取れそうな月には、強めの刺激の排卵誘発を試してみます。

また卵胞を吸引しても卵子が入っていない卵胞を空胞と呼ぶことがあります。
空胞と思われている中には本当は卵子が入っているが未成熟なため採取できていないことがあります。採卵のタイミングを前後にずらし丁度よい成熟時期に採卵し回収します。
また卵胞を吸引するだけでなく水を注入して吸引・注入を繰り返す「卵胞フラッシュ」を行うと卵子が回収できることがあります。

このようにAMH値が低く採卵数が少ないことが予想される場合でも丁寧な対策を行うことにより良好な結果を出すことが出来るようになります。普段1個しか採卵できない人が3個採卵できたとしたらその違いはとても大きいです。

毎月排卵誘発を開始する日に臨機応変に誘発法を検討し、チャンスを逃さないことが重要です。

精子の濃度や運動率が良くても受精が起こらないことや受精率が極端に低いことがあります。通常の受精率はだいたい80%くらいです。
受精しない原因の多くは精子が卵子に侵入できないことです。これは顕微授精で解決できることがほとんどです。ただ、受精しないと心配だからとなんでも顕微授精にすることは決して良い結果にはなりません。

精子が侵入すると精子により卵子が活性化し受精となりますが、この活性化がうまくいかないため顕微授精でも受精が起こらないことがあります。その場合は卵子活性化を行ないます。当院では卵子活性化にカルシウがムイオノファという薬剤を使用しています。顕微授精とカルシウムイオノファの併用でほとんどの受精障害は解決する出来ています。

受精しても途中で胚発生が停止してしまうことです。発育不良の原因は卵子の質が悪いことがほとんどです。ただ発育不良は意外に思うかもしれませんが年齢はあまり関係せず、高齢だから胚発生停止となるとは限りません。(ただし発育した胚の妊娠率は高齢だと低くなります)

発育不良の原因は持っている卵子自体が悪い場合がほとんどです。元々の質が悪いので良くすることは残念ながらできません。ただし全ての卵子の質が悪いわけではないので、普通の人より繰り返しの採卵をすることで解決することもあります。

もう一つの原因は、持っている卵子そのものは悪くないが排卵誘発の方法が合っていないために成長して採卵するころには質が悪くなっているという場合です。その場合は過去の排卵誘発を詳細に振り返ります。過去に行った全ての採卵の排卵誘発、胚発生を詳細に分析して必要であれば改善します。

排卵誘発の変更は自然周期か刺激周期のような単純で大まかな誘発法の変更ではなく、細かな調整となります。薬の日数や、注射の種類、回数の変更や、卵胞の成熟度に合わせての採卵日を修正します。
この微調整のために通院の回数が増えたりすることがあります。排卵誘発期間の通院は大変ですが、胚発育不良の場合には丁寧に卵子の状態を確認しながら臨機応変にきめ細かく軌道修正していくことが重要となってきます。

胚発育は同じことを行っても周期によって結果は異なります。排卵誘発法が悪いとは限らないので、1回うまくいかないからといってむやみに排卵誘発を変えることはよくありません。

培養環境の変更も一つの方法ですが、昔と違って今は市販の培養液の品質が安定し成分も良くなっているので、以前のように何かを添加することもなく、そのまま使用するようになっています。このように多くのことが半自動になっているのが現在の体外受精の培養技術です。体外受精は培養技術がカギで妊娠率に大きく影響していると言われた時代は10年以上昔の話です。

培養方法を変更して対応することは今ではほとんどありません。培養技術が進化したとはいえ体外培養は体内と同じ完璧な培養環境ではありません。胚の生命力があればそれでも胚発育します。しかし微妙な生命力の胚だと長期の体外培養に耐えられず発育不良となることも考えられます。
そのため通常は胚盤胞という採卵後5-6日間くらい培養した胚を移植しますが、3日目の初期胚という状態で移植することもあります。